夕方になる 不整脈 気苦しい 原因

不整脈が夕方になる原因

スポンサーリンク

脈が途切れがちになる不整脈は、珍しい病気というわけではなく、数多くの患者が存在しています。
また誰しもがなる可能性がありますし、なったところでさして問題もなくごく普通に日常生活を送っているケースもよくあります。
ただし中には怖い病気と密接な関係の不整脈もあるので油断は大敵です。
そんな不整脈ですが、脈には自律神経が関係していることから、交感神経と副交感神経の交代が原因で不整脈が出ることがあります。
時間帯としては朝と夕方になる可能性が高く、この時間帯はちょうど交感神経と副交感神経の交代サイクルに当たります。
時間としては朝6時と夕方18時あたりで、睡眠も関係しているために朝目覚めて眠っていた時の夢を覚えていると、レム睡眠であったために不整脈になりやすい傾向があります。
そして夕方になる場合は、覚醒している時間帯であるために自分で気づく割合も高いという特徴があります。

スポンサーリンク

自律神経の働きが原因である場合は、その動きを把握することで上手にコントロールすれば、原因に翻弄されることがなくなるので症状を改善できる可能性があります。
まず睡眠時間に関しては7時間ぐらいが理想的で、自転車に乗ったり階段の利用など、これといった運動を心がけずとも、日常的な軽度の運動で十分効果的です。
また横隔膜を上下させる呼吸法や、効果的な栄養素を積極的に摂取するといった方法も良いでしょう。
とくに夕方になる場合は、血管を拡張させてくれる働きがあるタウリンがおすすめな栄養素で、おもにアサリやシジミ、タコやイカといった魚介類に多く含まれています。
また神経の働きが関係しているために、ストレスや疲労、心配事や怒りといった精神的なトラブルの影響も受けやすい傾向にあります。
それゆえに趣味などを楽しみ、できるだけストレスを溜めないようにすることも大切です。

スポンサーリンク