大胸筋 息苦しい 原因

息苦しい原因は大胸筋を柔らかくすることで改善することがあります

スポンサーリンク

息苦しい症状の原因にはさまざまな理由が考えられますが、大きく分けると急性心不全や肺気腫などの内疾患をはじめ喘息などのアレルギーや事故による外傷などが考えられます。
このような場合にはそれぞれ症状の治療方法が異なっているので、病院で精密検査を受けるようにしましょう。
上記以外のほかにもう一つ息苦しさを感じる原因として自律神経の失調があります。
自律神経失調を原因とする場合には体が常に緊張状態となっているため、全体として呼吸が浅くなっていることが原因で息苦しくなっていると考えられます。
自律神経失調症を原因とする場合には、大胸筋が硬く張っているなどの症状がみられることが多くなっています。
これは体が常に緊張状態となっているためしだいに背中や背筋などの筋肉が硬直状態となってしまい、その影響が大胸筋にも及ぶようになることから息苦しい感じがするようになってしまうのです。

スポンサーリンク

自律神経失調症を原因とする息苦しさは整体やカイロプラクティックで改善します。
整体やカイロプラティックによる施術は硬直した筋肉を和らげ、圧迫されたろっ骨や肺を呼吸しやすい状態へと持って行くことで改善を目指します。
医療機関で自律神経失調症の治療を行っている方で息苦しい感じが消えないという方は、整体やカイロプラティックを試してみるとよいでしょう。
施術は呼吸をしやすくするために全身のバランスを整える体操や呼吸法などが中心となっています。
全身のバランスを整える体操では硬直している背中や背筋の筋肉を少しずつ動かすことで体の硬直をときほぐしていきます。
背中や背筋の筋肉の硬直が和らいでくると、自然に圧迫されていた大胸筋やろっ骨が動きやすくなるので呼吸がしやすくなるのです。
また呼吸法では息を吐くことに意識を集中することで自然に息を吸う力が戻るようになることから、自然と体がリラックスした状態となり自律神経失調症の改善にも役立ちます。

スポンサーリンク