仰向け 息苦しい デパス

仰向けになると息苦しいデパスについて

スポンサーリンク

デパスとはベンゾジアゼピン系抗不安薬で、ざっくり言うと不安な気持ちを和らげるものです。
その中で副作用として依存してしまうということが有ります。
薬の類というのは、基本的には飲まないほうが良いわけで、つまり服用しているときは「通常の状態」ではないわけです。
そこには副作用がつきまといます。
量にもよるため、必ずしも副作用が出るということでもなく、デパスについても正しい使用量であればそこまで過剰に心配する必要はありません。
うつ病や精神病に対する治療として処方されることも有りますが、ここで問題となるのが息苦しい状態に対しての処方です。
仰向けなどで息苦しい状態になったときに服用することで症状が緩和されるかといえばあまり期待出来ないようです。
落ち着かせようとする薬の効果が効きすぎて呼吸困難を招き、むしろ息苦しい状態を進ませてしまうことすら有るのです。

スポンサーリンク

仰向けで寝ているときにめまいが起こることが有ります。
精神的な原因だとした場合、デパスの服用によって症状改善を図るという方法を選択される方もいるようです。
安心感を得られることで仰向けのめまいが和らいで安眠出来るということもあるようです。
やはり個人差が有るので、自分にとってどうなのかを医師と相談しながら見極めることが大切でしょう。
デパスは比較的副作用が少ないわりには効果が高いものとして知られていますが、その評価が全員に当てはまるものでは、やはり無いわけです。
含まれている成分を考えても、何も考えず飲んでいれば良い、なんてことはありません。
前述のとおり依存性も有ります。
一度始めてしまったら、止めたときに症状改善の手立てが無くなってしまい、結局また服用する、という流れになりがちなのです。
良く考えた上で服用を決めましょう。

スポンサーリンク