みぞおちの下辺り 胸の下の圧迫 痛み

みぞおちの下辺りの痛みや胸の下の圧迫について

スポンサーリンク

みぞおちの下辺りの痛みや、胸の下の圧迫を感じることがあります。
普段の生活の中であまり以上を感じる部分ではないので、原因がはっきりとわからないという人が少なくありません。
みぞおちの下辺りの痛みや、胸の下の圧迫を感じるというときには、生活をする中で非常につらいことが多くなってきます。
そこでみぞおちの下辺りの痛みや、胸の下の圧迫を感じるときに考えられるのは次のようなこととなっています。
日常生活の中でたばこを吸うという人がいますが、たばこを1日に何本も吸うというような人は、みぞおちに痛みを感じることがあります。
そこには次のような原因が関係しています。
たばこの煙によって胃が刺激されて、胃酸の分泌が盛んに行われるようになっているからです。
たばことの関係があるということは、あまり知らない人がたくさんいます。

スポンサーリンク

たばこを空腹時に吸うという人がいますが、空腹時に胃酸が分泌されてしまうと、胃や十二指腸を傷つけやすくなってしまいます。
したがって痛みを感じることが多くなっています。
このような症状を改善するためには、たばこを吸う本数を少しでも減らすようにしますお腹が冷えることで不快な症状が現れることがあります。
お腹が冷えてしまうと、みぞおちの近くにある腹直筋が低下してしまいます。
筋肉がゆるんでしまうので、それを少しでも防ぐためにみぞおち付近がこわばってしまうことがあります。
その結果圧迫感や違和感があります。
同時に胃の働きも低下してしまうので、温めることで症状を改善させることができます。
この他には病気が関係していることもあります。
胃酸がたくさん分泌されるというのが原因としては多くなっていますが、長期的にこのような症状が続く場合には病気の可能性があります。

スポンサーリンク