膵炎 息苦しい 原因

膵炎の原因と息苦しいについて

スポンサーリンク

人間の体の中にはたくさんの臓器がありますが、その中で膵臓という部分があります。
急性膵炎という病気がありますが、これは膵臓がしっかりと機能をせずに自分の内臓を消化してしまい、その結果炎症が発生する病気となっています。
膵臓は体の中でどのような役割を果たしているのかというと、食べたものをしっかりと消化するための酵素を生み出してくれるようになっています。
しかし何かが原因となって食べ物を摂取しなくても体の一部である膵臓を消化してしまうということがあります。
なぜこのような症状を引き起こすのかが気になります。
髄増の近くには十二指腸という部分があります。
この間に管があります。
ここには膵液が流れていますが、別の所から流れてくる胆汁と合流をして十二指腸へと流れていきます。
これによって消化活動が行われるようになっています。

スポンサーリンク

しかし膵液の流れが悪くなって膵臓に膵液が溜まってしまうと、炎症を引き起こし急性膵炎を発症してしまうのです。
急性膵炎が悪化した場合には、体にさまざまな症状を引き起こすようになっています。
心臓や腎臓や肺や肝臓や中枢神経に悪影響を及ぼしてしまいます。
したがってまずは原因をしっかりと把握して、初期症状をしっかりと把握することが必要となります。
こうすることで悪化するのを防ぐことができます。
急性膵炎を発症する際には、息苦しいということを感じることがあります。
肺に何らかの異常が発生しているということが考えられますが、息苦しいと感じたときには病気を疑います。
食事をしたときに痛みが出て、食事をしないと域には痛みが和らぐというような症状も見られます。
息苦しいというほかに食欲の低下もあります。
原因として考えられるのは、過度なアルコールの摂取があります。

スポンサーリンク