狭心症 みぞおち 違和感

みぞおちの違和感は狭心症を疑って早めの診察を

スポンサーリンク

狭心症の発作は胸の痛みだけではありません。
胸痛がある場合は、用心して早めに診察を受ける人が多いですが、胃のあたりが痛い、あるいは息苦しいなどの上腹部の違和感で異常が始まる場合があります。
特に初めての発作の場合は、今までになかった症状のため気づきにくいことが多く、処置が遅くなり、苦しい思いをしなければいけない時があります。
狭心症でよくある症状は、胸のあたりの痛みや息苦しさ、何かが圧迫しているようなみぞおちの違和感で、さらに背中が痛い、特に左側の腕の痛みや、肩から首にかけての痛みも伴う人もいます。
また、痛みの為に気分不良で吐き気がある場合は、胃の病気を疑って診察を受け、医師からの指摘で狭心症に気づく場合もあります。
狭心症の症状は一時的な冠動脈が狭くなった状態の胸部の違和感なので、5分以内ぐらいには軽くなる症状です。

スポンサーリンク

みぞおちや背中の痛みなどで一度でも医師の診察を受けていると、病気の発見につながります。
痛みの場所がみぞおちの場合、胃の痛み、風邪などでせき込み過ぎて痛いなど、他の病気だと自己判断して病院で診察を受けないと病気は見逃されがちです。
狭心症の治療はニトログリセリンを舌の下で溶かして薬剤を吸収することが治療方法です。
薬剤を処方してもらうためにも早期発見が大切で、自己判断では治りません。
心臓の大切な血管が狭くなるために、放置しておくのは危険です。
狭心症の検査などをしてもらい、生活習慣を見直して高血圧、脂質異常症や動脈硬化や糖尿病の症状をなるべく改善しないと冠動脈が詰まってしまい、心筋が壊死する心筋梗塞の危険性があります。
まず検査を受け、発作時のために薬剤の処方をしてもらって、それ以上血管が狭くなることを予防するための運動や食事などに気をつけましょう。

スポンサーリンク