夕方 ドキドキする症状 原因

夕方にドキドキする症状の原因について

スポンサーリンク

動悸を感じるという人がいますが、これは階段を上ったときや激しい運動をしたときなどに感じることが多くなっています。
ストレスや加齢などが関係していることがありますが、このようなドキドキする症状が夕方に発症することがあります。
運動をした後は心臓の動きが活発になっているので、それほど心配する必要はありません。
しかし普段は感じることがないドキドキする症状に関しては、注意をする必要があります。
たとえば夕方にドキドキする症状が現れたときです。
またこれが夜まで続いて眠ることができないというようなことがあります。
夕方から夜にかけて起こる動悸に関しては、原因として考えられるのはストレスや心身症となります。
このほかにストレス以外で不整脈が何度も発生し、不安で落ち着くことができないというようなことも原因となっています。

スポンサーリンク

不整脈が関係しているということであれば、健康な人の中でも7割程度見られるようになっているので、それほど珍しいことではありません。
しかし動悸も同時にに発生するのは3割くらいの人となっています。
またストレスのような精神的なことが原因となっている動悸の場合には、パニック発作などを引き起こす前触れの可能性もあるので、注意をする必要があります。
夕方から夜にかけて発生するドキドキする症状に関しては、必ずしも正常な状態であるとは言えません。
従って何科心配なことがある場合には、早めに病院を受診するようにします。
病院を受診すると、心電図などの検査を行ってくれるようになっています。
自分で判断をして放っておいてもよくなることがありません。
したがってこのような症状が見られる場合には、迷わずに病院を受診するようにします。

スポンサーリンク