デパス 息しにくい どれ位

息しにくい苦しい時はデパスを飲んでどれ位効果があるのか

スポンサーリンク

生活の中で、息が苦しいと感じたり、息しにくいことに不安なったりしていませんか。
心に不安や悩み事があったりすると、呼吸をする為の自律神経の働きが崩れて呼吸が上手くできなくなってしまいます。
自律神経は普段は交換神経と副交感神経が交互に働くことによってバランスを保っています。
緊張することとリラックスすることが上手くバランスよくできることが、正常に体の機能が働いて呼吸も普通にできるのです。
でも、自律神経のバランスが崩れて緊張しっぱなしの状態が続くと人は、息しにくい状態になってしまいます。
逆にリラックスしすぎても、心臓の働きが弱くなって血液が全身に行き渡りません。
すると、頭にも血液がいかないのでやる気もでないし、栄養も全身に行かないので体も弱ってしまいます。
呼吸はゆっくり過ぎてもいざという時に力を発揮できなくて困ってしまいます。

スポンサーリンク

息しにくいときの対処の仕方ですが、自律神経を整えるのが一番の改善方法です。
しかし、一度崩れてしまった自律神経を元に戻すのは時間がかかります。
デパスという薬を使って息しにくい状態を楽にしてあげながら、自律神経を整えていきましょう。
デパスはどれ位で効果が出てくるかは、飲んで5分くらいで体の緊張状態がリラックス状態になって、息しにくいのがなくなってきます。
どれ位の時間効いているのかは、飲んでから5時間くらいは効果があります。
デパスは超速攻型の安定剤なので、すぐに効いて効果が切れるのも早いです。
ですから、一日に3回飲む事が多いです。
どれ位効果があるかは、人それぞれですが、緊張や不安を取る作用が強いのでほとんどの人が楽になることができます。
長い間飲むと耐性がついて依存してしまいますので、つらい時だけデパスを飲んで、普段の生活を見直して自律神経の働きを正常に戻しましょう。

スポンサーリンク