呼吸 苦しい 対処法

呼吸が苦しい時の対処法

スポンサーリンク

パニック障害にかかると、呼吸が苦しいというように感じる人がいます。
不安感とともに動悸を感じ、胸が苦しかったり呼吸が浅くなって、苦しさを感じるということになるのですが、この一連の流れをそのままにしてしまうと、息を吸うという動作に重点が行ってしまい、呼吸のバランスが崩れてしまうということがあります。
つまり、過呼吸の症状が出てきてしまうので、これをさけるために苦しいと感じた時には、できるだけ息を吐くという要因心がける様に意識してみましょう。
もちろん苦しいのに息を吐くというのはとても大変なことです。
突然それを行えと言っても、すぐにできる人はいないのではないでしょうか。
とはいえ、パニック障害など自分が罹患しているというのがわかっている人であれば、対処法としてそういった方法があるというのを事前に理解しておけますし、練習もできます。

スポンサーリンク

呼吸が苦しいと感じたら、できるだけ息を吐くようにすることを意識することによって、吸い過ぎて酸素が体の中に増えてしまうという過呼吸の症状をさけることが出来るようになるので、対処法として身に着けておくようにしましょう。
方法としては、3秒吸って2秒とめ、あとは最後までゆっくりと息を吐くというものです。
最初は苦しいと感じるかもしれませんが、だんだんとこの方法が身についてくると、ちょっとしたパニックの状況の時に、いつもの対処法を使用と心がけられるようにもなり、気持ちの面でも落ち着いて対処することが出来るようにもなって来ます。
パニック障害以外で苦しさをかんじているということであれば、他の病気ということも考えられますので、一度病院で見てもらい、体に不調がないかというのを確認してみるというのも、より安心感が得られることとなります。

スポンサーリンク