貧血 症状 息苦しい

貧血の症状で息苦しいと感じる原因と対策について

スポンサーリンク

一般的に貧血は鉄分が不足することで発症率が高くなるため、女性がかかりやすい病気や症状となっています。
通常であれば立ちくらみといった症状が中心ですが、悪化すると息苦しいと感じるようになってしまうこともあります。
貧血とは血液の流れが悪くなってしまう病気でもあり、息苦しいと感じる原因として心臓が酸欠状態になってしまうことです。
また赤血球という成分も減少している状態でもあるため、心臓が体全体に血液を送るために必要以上に負担がかかります。
それによって息苦しいと感じることがあり、場合によっては動悸や目まいといった症状が発症することもあります。
さらに女性は体質上生理という現象を発症させるので、それによって血液が失われやすくなっています。
そのため5人に1人の割合で貧血になると言われており、女性にとっては無視できない病気となります。
なお男性がこの病気を発症しにくい理由として、男性ホルモン数が女性に比べて多いことが関係しています。

スポンサーリンク

 女性の発症率が多い貧血という病気が悪化してしまうと、立ちくらみの他に息苦しいと感じるようになってしまうことがあります。
そこで今度は対処法や治療法について説明をしていくと、発症した場合においては横になって安静にすることがベストです。
貧血になると体温が通常時より低下してしまうので、横になって安静にすることには大きな意味があります。
その際に布団や毛布をかけるとさらに効果的なので、これらを用意出来ればより対策が出来るようになります。
また発症原因が鉄分不足によるものなので、この成分を定期的に補給するようにするのも効果的です。
主にほうれん草やレバーといった食べ物に多く含まれているため、普段の食生活の中にこれらを中心に取っていきます。
逆に鉄分の吸収を妨げてしまう飲み物もあり、コーヒーや紅茶などついては注意が必要です。
これらの飲み物は逆に症状を悪化させてしまうことがるため、治療中は飲むのを控えることが大切です。

スポンサーリンク