肺 重い 息苦しい

胸が重い、息苦しいなどの症状の肺の病気

スポンサーリンク

胸が重い、息苦しい、咳がでたり肺が痛むなどの症状があるとき、ほとんどの場合肺や呼吸器に問題があったりなど、病気的な要因が原因です。
息苦しさの原因の可能性のあるものをあげると、風邪の症状よるものや、喘息の症状、アトピー性の咳嗽、肺炎などで、喫煙者や、身の回りに喫煙者のいる方の場合は、タバコの煙による影響の可能性も考えられます。
肺炎の場合だと、炎症をおこして息苦しいと感じるのと同時に、発熱なども併発して危険なので注意してください。
また、ストレスなどの精神面が原因である可能性もあります。
この場合は、ストレスの他にも、過呼吸や肺機能低下などが考えられます。
肺機能が低下してしまうと、体内にある酸素の量が減少してしまうため、めまいやふらつきにくわえ、意識障害などをおこしてしまう危険があるので、注意が必要です。

スポンサーリンク

また、息苦しいと感じる原因は、他にも、頸部圧迫や胸部圧迫など心機能に問題がある重い病気の場合もあるので、少しでも息苦しいと感じた場合などは、すぐに病院に向かうようにしてください。
では、胸が重いと感じたり、息苦しいと感じたりした場合、何科の病院に行くべきなのか。
それは、症状によって変わってくるため、自分の症状をきちんと自覚しなければなりません。
もしもハッキリと呼吸器などに違和感を感じて、呼吸が苦しい場合は、呼吸器科に受診し、また、呼吸器の苦しさにくわえて胸の痛みなどを感じる場合は、内科に受診するようにしてください。
そして、ストレスや精神的なものが原因だと考えられる場合は、心療内科や精神科の扱いなります。
この場合交感神経や自律神経の影響が考えられるので、早めに受診するようにしてください。
どんな原因にしろ、息苦しさなどの違和感を放置せずに、できるかぎり早めに病院に行くようにするのがおすすめです。

スポンサーリンク