みぞおち上部 違和感 原因

みぞおち上部におきた違和感の原因

スポンサーリンク

みぞおち上部にあるのは胃と気管支をわける部分になります。
ここに違和感がある時は食前後か食間かまた空腹時か満腹時なのかにより原因はかわってくるものです。
食道と胃と肺と心臓が肋骨の下に隠れています、この中の一つがみぞおち上部におきた違和感の原因なのです。
そのうち多い原因は食道の粘膜が炎症を起こすやすい逆流性食道炎の可能性があるのです。
胃液があがりやすい人ですとみぞおち上部に焼けつく様な違和感が起きます。
この逆流性食道炎という病気ですが何も食べていない時に起きやすいもです。
また空腹時に起きる場合は胃酸過多の可能性があるのです。
ストレス性のものから胃の疾患が原因となっているのです。
眠っている時によく起きやすいものです。
この時だけでは病気では右側を向いて眠った方が胃の構造上良く胃液が下に流れやすくなるのです。
すると症状は軽くなってくるので心配するとは無くなるのです。
この時の胃酸過多以外に症状が無ければ病気ではないからです。

スポンサーリンク

みぞおち上部に起きる違和感と原因は心疾患でも起きやすい症状です。
心疾患の時はこれにあわせて背中から肩にかけての痛みが出てきます。ですので一つだけの症状だけでは病名はつかないものです。
痛みの程度やどれくらいの時間続いたのかや我慢できないほどの痛みかなど把握して病院受診を早めに行う事が必要になるのです。この時に行く病院の診療科は総合内科になるのです。
普段良く起きている場合は程度が強くなっている時は早めに診察をオススメします。それは頻脈からくる場合が多いとすぐに治療が必要な人が多いからです。
しかしこの様な場合のほとんどは少ない確率でおきるものです。
不安にならない様に確認のために診察が必要になるのです。すると生活習慣を聞かれます。
寝不足や疲労の場合でも同じ様な症状が起きるからです。
生活に支障さえ無ければすぐに回復するのです。
周りの人が近くにいるだけでも違和感について安心感があるので落ち着く事があるからです。

スポンサーリンク