肺が苦しい 動悸 原因

動悸が激しく、肺が苦しい症状の原因

スポンサーリンク

動悸が激しく、肺が苦しい。そうした症状に心当たりのある方、他にも気になる症状はありませんでしょうか。
例えば、不眠症、冷え性、喉の違和感、筋肉の硬直、手足の痺れなどです。
その原因は、所謂“自律神経失調症”である可能性があります。
自律神経失調症という病気は、交感神経が正常に作動していない事から起こります。
その為、睡眠時に発作が生じる事は極めて少なく、理由は睡眠時に優位に立つのが副交感神経である所為です。交感神経が正常に動作していない場合、身体には様々な異常が生じます。
その最たるものが、前述した症状群です。
先ほど記述した物以外にも、自律神経失調症で生じる症状は複数あり、顎関節症や眩暈・耳鳴り、熱感や微熱、情緒不安定、目の乾き(ドライアイ)、視覚が光に対して過敏になる、などです。
これらの症状に複数該当するという方は、特に自律神経失調症の可能性が高いと考えられます。
適切な処置を行うには、やはり医師の診断を直接仰ぐ必要性があります。

スポンサーリンク

自律神経失調症なら、と安易に放置する事はお勧めしません。
確かに最近では良く聞く病名となり、知名度が高い為に安易な判断を下し勝ちになってしまいますが、決して甘く見ても良いという病気ではありません。
どんなに頻繁に耳にする身近な病気であっても、命の危険が伴わない軽い症状の病気であっても、病気は病気です。放っておけば、それこそ大変な事になってしまう可能性を否定出来ないのです。
自律神経失調症が進行してしまうと、場合によっては日常生活すら困難となる場合があり、自律神経失調症が原因で体力が落ち、最悪命の危険を伴うような感染症などを引起してしまう危険性もあります。
そもそも、この病気が余りに進行してしまうと、仕事も手に付かなくなってしまい、それが更に重篤な精神病にまで発展してしまう事も珍しくないのです。
ですので、前述したように「肺が苦しい」とか「動悸が激しい」といったような自室神経失調症の症状に疑いがあるという方は、安直な決め付けをせず、
きちんと医師に相談する事を強くお勧めする次第です。

スポンサーリンク