呼吸が苦しい 原因 対処法

呼吸が苦しい原因とその対処法

スポンサーリンク

呼吸が苦しい原因には心疾患、肺疾患、アレルギー等による気道閉塞や肥満によるもの等実に様々なものとの関係があります。
中でも心疾患や肺疾患での呼吸苦に関しては、原因疾患が判明するまでは不安も大きいと思います。
医療機関への受診で原因を明らかにすることが一番早い手段ですが、日常的な呼吸困難感はすぐには消失しないことも多いため、精神的な不安も大きくなる症状です。
呼吸困難感は苦しいという感覚はもちろんですが、何より呼吸が正常に出来ないことによる酸素不足状態に陥ることや精神的にも死を意識してしまうほどのダメージが生じます。
心疾患や肺疾患などの原因がはっきりすれば、身体がどのような状態の時に呼吸が苦しい状態になるのか、からだの中でどのような変化が起きているのかを知ることで、それに合わせた対処法が見つかるはずです。
また、アレルギー性の咽頭浮腫などによる気道閉塞などこ呼吸困難感は命に関わりますので、早急に病院での対処が必要となります。

スポンサーリンク

呼吸が苦しい時にはどのような対処が出来るのか、病院での受診で医師より説明を受けて正確に実施できることが一番良い方法ですが、緊急対処法としていくつか方法があります。
呼吸困難感が生じた時の体位は上半身を起こして座る体制が良いとされています。
半座位といわれる腰辺りに枕を置き、上半身を起こす体位や、机などがある場合は枕を抱きかかえて机により掛かるような体位も呼吸困難感の軽減に効果があるとされている体制です。
重力によって肺の面積を広げて酸素を取り込みやすくする効果のある体制となります。これは心疾患などで肺に水が貯まることによって生じる場合などにとられる対処法です。
また、口すぼめ呼吸という呼吸法もあり、これは息を吐く時に口をすぼめて息を細くして吐き出すような呼吸法です。
肺の中の空気を外に出しやすくし、息を大きく吸えるようになる効果があります。
これらの対処法によって少しは軽減されると思われますが、原因によっては改善出来ない場合もあるので、早めに医療機関に相談してください。

スポンサーリンク