胸が重い 息苦しい 原因

胸が重い、息苦しい症状の原因

スポンサーリンク

胸が重い。
息苦しい。
ひょっとすると、それらの症状は自律神経失調症かも知れません。
自律神経失調症とは、交感神経が正常に動作していない事が原因で起こる病です。
最近ではインターネット影響で良く目耳にする単語ですが、決して甘く見ても良い病気という訳ではありませんので、注意して下さい。
前述した「胸が重い」や「息苦しい」といった症状も、自律神経失調症が原因となる主な症状の一つです。
その他にも、手足の痺れや不眠症、集中力の欠如や食欲不振など、自律神経失調症に起因する症状が多数存在します。
自律神経失調症を発祥してしまう理由は幾つかありますが、その大部分を占めているのが“ストレス”。
勿論、生まれ付きの性格や体質、生活態度なども大きな理由ですが、やはり“ストレス”が最も重要な問題だと考えます。
自律神経失調症は、交感神経と副交感神経のバランスが乱れる事で起こる病で、これは人間の精神面と非常に密接な関わりがあるのです。

スポンサーリンク

自律神経失調症の改善には、その“ストレス”をどう攻略するかが肝要。
肉体的な症状からは想像し難いかも知れませんが、それが治療する為に避けて通れない問題だと考えて下さい。
では、先ずはドコにストレスの原因があるのか。
その点から考えてみて下さい。職場での同僚や上司から受けるストレスが原因でしょうか。家庭内での人間関係でしょうか。
それとも、経済的な問題からくるストレスでしょうか。
人間がストレスを感じる状況というのは、以外な程に多く、ほぼ全ての状況下で人はストレスを感じています。
つまり、殆どの人が複数の原因からストレスを受け、それが積み重なって自律神経に影響を及ぼしてしまう程の事態に陥っていると言えるのです。
要は、ストレスを避ける事は不可能。では、どうすべきか。答えは、ストレスを避けるのではなく、少しでも軽減する事です。ストレスの軽減には、趣味や娯楽が非常に重要な役割を果たします。
時間が取れない、というのは言い訳にしかなりません。そ
うしなければ、より多くの時間を無駄にしてしまう結果に繋がってしまうのですから、本末転倒という訳です。

スポンサーリンク