息苦しい呼吸 眠れない 原因

息苦しい呼吸や眠れない原因について

スポンサーリンク

呼吸が息苦しいと感じるようになったり、それが原因でしっかりと睡眠を取ることができないというような人がいます。
このような場合には精神的な原因が関係している可能性が高くなります。
たとえば考えられるものとして自律神経失調症があります。
これは忙しい毎日を送る中で、自律神経を調節する機能が弱っている状態のことを言います。
自律神経は人間の生活の中でさまざまなことに関わっているので、息苦しい呼吸になったり眠れないと言ったような症状から、動悸や息切れや偏頭痛などの症状を引き起こしてしまいます。
心療内科など精神系の病院を受診して治療を受けるという方法もありますが、まずは毎日の生活を見直して症状の回復を目指すという方法もあります。
そのための方法の一つとして運動があります。
体を動かすことは健康的にも非常に大きな効果があります。
運動をしている間は交感神経が働くようになっているので、このときは興奮状態となっています。

スポンサーリンク

運動をするといつもはあまり使うことがない筋肉も使うので、この筋肉がほぐされて血液の流れが良くなります。
すると体の隅々までたくさんの栄養や酸素が運ばれるようになります。
同時に疲労物質や老廃物も排出されやすい状態になります。
そして運動をすることで体を鍛えることができます。
呼吸器系だけではなく、循環器系など内臓の働きが活発になることが期待できます。
内臓の働きが良くなると、副交感神経が働きやすくなるので、自律神経を整えることができます。
運動をすると汗をかきます。
汗をかくことで人間は体温調節をしますが、この体温調節が自律神経の働きを高める効果があります。
そこで効果的な運動とされているのがウォーキングになります。
特別な道具をそろえる必要もなく、誰でも気軽に始めることができます。
このほかにはジョギングや水泳なども効果があります。
勝敗を決めるようなスポーツではなく、自分のペースでゆったりとした気分でできる運動がおすすめとなります。

スポンサーリンク