pm2.5 息苦しい 対策

pm2.5で息苦しいと感じた際の対策は

スポンサーリンク

近年、中国ではpm2.5が大きな社会問題となっています。
さらにこの影響は、近隣国である日本にも広がっています。
pm2.5が中国で蔓延する時期には、風に乗って日本にも飛来してくるため、注意報等が出されるようになりました。
このpm2.5は微小粒子物質なため、人間が吸うと気管支等の呼吸器に何らかの影響を及ぼすとされています。
そのため、多く吸い過ぎると、気管支炎や気管支喘息等の重篤な疾患に羅患してしまう可能性が高くなります。
さらにこれによって症状が続くと死亡率が高くなってしまう事も証明されています。
このように重篤化しないためには、何らかの対策を行う事が大切です。
まずは、この物質が自分の住む場所に飛来してくるという情報をこまめにチェックしておくことです。
分布予想等のサイトも多く存在するため、前日にチェックしておくと、次の日の対策の参考になります。
そしてその濃度が高い場合には、出来るだけ外出しない事が一番望ましい対策法です。
屋内にこもり、外に出ない事で体内に有害物質が侵入してくることを防ぐ事が出来ます。

スポンサーリンク

 pm2.5が飛来する場合にも外出しなければならない方もたくさんいます。
そういった方は、しっかりとマスクを着用する事が重要です。
このマスクは、一般的に販売されている花粉症対策や風邪の咳対策用のマスクでは効果が見られません。
微小粒子物質なため、一般のマスクでは簡単に体内に侵入してしまうのです。
そのため、専用のマスクを購入する必要があります。
一般のマスクに比べて高価ですが、効果は期待出来ます。
さらに専用のマスクは、微粒子を通さないために製造されているため、最初に装着した時に息苦しいと感じる方も少なくありません。
しかし慣れると抵抗なく使用する事が出来ます。
このマスクを使用する前に、息苦しいと感じた場合は、一般のマスクを何重かに重ねて装着し、医療機関を受診する事が大切です。
呼吸器に何らかの異常がある以上、何らかの治療や処置を行わなければ、命に関わる危険性もあります。
そのため、pm2.5が原因で息苦しさを感じたり、咳が止まらない等の症状が見られた場合は、早急に病院を受診する事が必要です。

スポンサーリンク