息苦しい 微熱 だるい

だるいと感じ微熱があり息苦しいときには

スポンサーリンク

自律神経失調症という病気がありますが、これは症状がこれと定まっていない病気です。
個人によって症状の種類やあらわれ方も異なっています。
微熱が続いたりだるいと感じたり、また息苦しいと感じるような人もいます。
このほかには疲れが取れなかったり、汗をたくさんかくようになったり不眠や偏頭痛といったような症状があらわれることもあります。
このほかには精神的な症状も出てきます。
イライラしたりやる気が出なかったり、憂鬱な気分になったりもします。
どのような症状があらわれるかは、人によって違いがあります。
1つの症状しかあらわれないというような人もいれば、複数の症状があらわれるというような人もいます。
一つの症状が治まった後に別の症状があらわれるというようなこともあります。
このようにさまざまなケースが見られるのが自律神経失調症の特長になります。
しかしこの病気にも主な症状があります。
それは次のような項目となっています。

スポンサーリンク

疲れやすさやふらつきやめまい、また顔のほてりや手足のしびれ、また寒気や動悸や息切れを感じることがあります。
胸の痛みを感じたり微熱が続いたり高熱が出ることもあります。
食欲不振になったり胃の痛みを感じることもあります。
全てに自律神経が関係していますが、この自律神経を整えるにはどうすればいいのかというと、食べ物や食事方法、お風呂の入り方や運動や睡眠など普段の生活の中で整えることができる方法があります。
たとえば食べ物で整える方法としては、食物繊維がたくさん含まれているものを摂取するようにします。
食物繊維をたくさん含んでいる食べ物は、腸の中をゆっくりと進むようになっているので、このときに副交感神経が強く働きかけるようになります。
したがって気分が落ち着きます。
発酵食品の摂取も、新陳代謝や体の回復を促進する作用があります。
したがって味噌や納豆、このほかには漬け物やヨーグルトなどを積極的に食事に取り入れるようにします。

スポンサーリンク