息苦しい 下痢

下痢や息苦しいと感じたときには

スポンサーリンク

人間は毎日の生活の中でストレス環境などにさらされています。
したがって何らかの不調を感じるという人も少なくありません。
このような中で自律神経失調症という症状が見られる人もいます。
自律神経失調症とは、さまざまな身体症状が体に表れるようになっていますが、精神症状が伴うことも多くなっています。
したがって精神症状と身体症状の2つについてしっかりと理解をしておく必要があります。
実際にどのような症状があるのかというと、胃潰瘍のような病気があるわけでもないのに、胃が痛くなったり重苦しく感じることがあります。
また食欲がなくなったり食べると吐き気を催すというような人もいます。
また自律神経のバランスが悪くなると、次のような症状も見られます。
それは下痢や便秘です。
自律神経のバランスが悪くなると、下痢が続くと言うことがあります。
逆に便秘が続くこともあります。
これらを交互に繰り返すというような人もいます。
症状が単独で発生することもあります。

スポンサーリンク

単独でこのような症状が見られるときには、過敏性大腸炎と診断されることが多くなっていますが、自律神経失調症の場合には、これ以外にも他の症状が見られるようになっているので、それを参考にします。
そのほかの症状として動機や呼吸困難、息苦しいと感じる人もいます。
緊張する場面や激しい運動を行ったわけではないのに、急に動悸が激しくなると言うことがあります。
それに伴い息切れの症状が見られることもあります。
急に息苦しくなって呼吸がしづらいと感じる人もいます。
日常的にこのような状態が続くというような人もいます。
治療法としては、大きく分けて薬物療法と東洋医学的な治療法と心理療法になります。
とくに心理的なストレスは自律神経に大きな影響を及ぼします。
したがって心理面でのケアが重要視されています。
カウンセリングや認知行動療法や家族療法などこのほかにもさまざまな治療法がありますが、ここで大切なことは、自分にあった治療法を選んで、じっくりと気長に行うという点になります。

スポンサーリンク