胸 重い 息苦しい

胸が重いと感じたり息苦しいときには

スポンサーリンク

息苦しい感じがあったり心臓が重いというような違和感があるときには、何か心臓に問題がある可能性があります。
心臓に関する病気は命に関わってくるものなので、このような症状が発生すると不安になってしまいますが、一人で悩みを抱えずに病院を受診するようにします。
息苦しいというような症状が心臓に関係する場合には、狭心症や心筋梗塞の可能性が高くなります。
狭心症はどのような症状が見られるのかというと、胸が重く締め付けられるような感じがあります。
しかし人には感じ方がさまざまとなっているので、心臓が重いと感じる人や不快な感じという程度の人もいます。
首や二の腕に痛みを感じるというような人もいます。
痛みの症状を感じないというような人もいます。
ここで痛みが軽い場合にはそれほど大きな心配をしなくてもいいのですが、5分以上痛みが続くようであれば、狭心症の可能性が高くなります。
心筋梗塞が発症する可能性も高くなっているので注意が必要です。

スポンサーリンク

心筋梗塞の場合には胸の痛みが20分から30分以上続きます。
冷や汗や動悸などの症状を伴うことがあるので、この場合には心筋梗塞の疑いがあります。
狭心症と心筋梗塞以外にもさまざまなか可能性が考えられます。
したがってまずは病院を受診することが大切です。
その際には循環器に強い病院を受診するようにします。
また心臓の病気ではない場合には、自律神経失調症の可能性が高くなりますこれはストレスからくる病気となっていますが、同じように胸が重いと感じたり息苦しいというような症状があります。
精神的ストレスや温度や湿度のストレスによって心臓に大きな負担がかかることがあります。
このような場合何もしていないのに大きな疲労感があります。
心臓に症状が現れたときには、ストレスを感じないようにすることが一番です。
心と体の回復を待ちます。
体の内側の力が付いてくると、ストレスに勝つことができるようになります。
それまではゆったりとした環境の中で過ごすようにします。

スポンサーリンク