起きると 息苦しい 原因

朝起きると息苦しいと感じてしまう原因や症状について

スポンサーリンク

人は朝起きると突然息苦しいと感じてしまうことがあり、基本的に病気が大きな要因となっていることが多いです。
1つめの病気として無呼吸症候群と呼ばれるものがあり、症状として睡眠時に一時的に呼吸が停止してしまいます。
この病気によって1回の睡眠の質が低下してしまうため、体全体が疲れを感じやすくなってしまいます。
その一環として起きると息苦しさを感じてしまうことがあり、日中になると一気に眠気が襲ってくることがあります。
またこのような病気に発症していることによって、全体的に睡眠の質が浅くなってしまうことが多いです。
それによって長時間睡眠を取っても疲労が改善出来ないことが多いため、病院で適切な治療を受ける必要があります。
利用する病院についてですが、具体的に睡眠障害や無呼吸症候群を専門に診ている所がベストです。
一般的に総合病院となっていることが多いですが、その分より専門的な治療が出来る環境が揃っていることが多いです。

スポンサーリンク

 2つめの朝起きると息苦しいと感じてしまう原因や病気として、何らかの心臓病にかかっている可能性があります。
心臓病にかかると心臓の機能が正常に働かなくなるため、それによって動悸といった症状を感じてしまうことがあります。
それによって息苦しいと感じるようになってしまうことがあり、朝起床時に強く発症することがあります。
同時に心臓に痛みが発生する場合においては、症状がかなり悪化している可能性が十分にあります。
その場合には総合病院を受診することで、精密検査を受けることが出来るようになっています。
自宅でも出来る簡単な対策としては、喉飴を舐めるなどしてケアを行うことが可能です。
特徴として喉の粘膜を保護すると同時に、気道を確保してくれる作用があります。
なのでどうしても我慢出来ない場合においては、眠る前に喉飴を舐めてから睡眠を取るようにすると良いです。
ですが一番の解決策は心臓病を完治させることなので、あくまでも応急処置的な意味合いとして利用するのが良いです。

スポンサーリンク