息苦しい 原因 肥満 太りすぎ

肥満が原因で息苦しい。

スポンサーリンク

太りすぎて息苦しい場合は、血圧に原因があるかもしれません。
例えば重い荷物を持ち上げる時には普段よりもより多くの血液を全身に送り込むために血圧が上がります。
肥満の方の血管は長く太くなっているため血流量が多く、通常体型の方よりもより大きな負担が心臓にかかります。
そのため息苦しく感じるのです。
さらに肥満な方の場合になると、血液の中に脂質がより多く含まれるようになるため、ドロドロの血液になっています。
そのため、ドロドロの血液を流すためにより大きな負担を心臓にかけてしまうことになります。
さらに肥満は糖尿病など生活習慣病の原因にもなります。
肥満の原因には、ストレス・暴飲暴食・運動不足などがあげられますが、日常生活を少し気を付けることでどれも防ぐことができます。
たとえば、いつもよりも1駅だけ手前で降りて歩く、食べ物のカロリーを大体覚えておく、毎日体重計に乗る、これだけでも体重を意識することができるので肥満を遠ざける効果があります。

スポンサーリンク

初めから無理をしては逆に体に悪いため、ゆっくりと体重を落としていく必要があります。
太りすぎて運動ができないようであれば、まずは自分の生活習慣を見直すことから始めましょう。
間食を控える、炭水化物や糖質を控えることで無理なく体重を落としていけます。
また、運動も水泳などあまり体に負荷がかからないようなものから始めていきましょう。
水泳は負担が少ないので運動量が小さいと思われがちですが、実は非常に運動量が大きいのです。
水中を歩くだけでもカロリーを大きく消費できます。
生活習慣を変え始めたときは、体も驚いているので様々な負担がかかります。
ゆっくりとマイペースで進めましょう。
一か月で1キロしか痩せなくても1年で見れば12キロも痩せることになります。
このように長期間でダイエットを考えましょう。
そうすれば無理なく痩せられます。
階段を上るときに息苦しいと感じなければゴールはすぐそこです。
理想の体型を得るためにもう一息、頑張りましょう。

スポンサーリンク