息苦しい 手足 しびれ 症状

手足のしびれと息苦しいという症状

スポンサーリンク

過呼吸という言葉を耳にすることがありますが、これはストレスが原因となって自律神経が乱れることで発症することがあります。
そのなかで息苦しいという症状を感じることがありますが、これも自律神経失調症の症状の一つとして考えられています。
過呼吸とはどのようなものかというと、過換気症候銀や神経性呼吸困難と呼ばれています。
これはストレスなどが原因となって、呼吸を上手に行えなくなる状態のことです。
呼吸が速く浅くなり、呼吸をたくさんしすぎることでさらに息苦しくなってしまいます。
酸欠状態のようになり空気をたくさん吸うことが原因となっています。
したがってこのような状態に陥ると、呼吸困難だけではなく失神したり頭痛やめまい、手足のしびれなどを感じるようになります。
どのような人に多く見られるのかというと、男性よりも女性の方が多くなっています。
このほかに性格として言えることは、まじめで几帳面で、神経質の人に多く見られる症状となっています。

スポンサーリンク

空気をたくさん吸っているのに、十分な酸素が入ってこなかったり呼吸ができないというような呼吸困難の発作を感じてしまいます。
それは血液の中の二酸化炭素が不足している状態に陥っています。
二酸化炭素も体には必要なものとなっています。
過呼吸になると頭痛やめまいや手足のしびれや息苦しさというような症状が出てきます。
このような症状がさらに不安や恐怖を招くという悪循環になってしまいます。
したがって30分から1時間程度発作が続くというような人もいます。
過呼吸は血液の菜館の二酸化炭素が少なくなっている状態なので、息を吐きすぎて二酸化炭素が少なくならないようにすることが基本となります。
したがって行きを数時間の2倍の時間をかけてゆっくりと息を吐くと言うことを行います。
こうすることで呼吸のリズムを整えることができます。
背中を軽くたたいたりさすったりすると、安心感も得られます。
普段の生活の中ではストレスをため込まないようにすることが大切です。

スポンサーリンク