息苦しい ゲップ 吐き気 症状

ゲップや吐き気といった息苦しい症状は

スポンサーリンク

喉の症状にはさまざまなものがありますが、息苦しいといった喉の違和感と痛みが同時にあるようならば、扁桃炎である可能性があります。
扁桃炎は細菌性によって発症し、風邪などの時に赤く腫れるようなケースも見られます。
喉の違和感としてはこれが一般的に多いですが、もちろん他にもいろいろな病気があります。
たとえば副鼻腔炎や舌咽神経痛、皮膚カンジダ症や喉頭蓋炎、単核球症や歯周炎などが、痛みを伴う喉の違和感の症状がある病気です。
さらにこれらとは異なり、痛みが生じない喉の違和感というものもあります。
そういった場合はゲップや吐き気、嚥下障害などの自覚症状が出るというケースもあり、逆流性食道炎やギランバレー症候群、食道裂孔ヘルニアやストレスなどが原因である可能性が高いです。
もちろんこれら以外にも喉に関する病気はたくさんありますので、まずは医療機関を受診して医師の診断を仰ぎ、正しい病名を知ることで、対策や対処方法を考えると良いでしょう。

スポンサーリンク

喉の病気の中でも比較的よく耳にする有名な名前は、やはり逆流性食道炎です。
この病気の原因としては、食生活などの乱れや食べ過ぎ、アルコールやタバコ、姿勢の悪さや肥満、ストレスなどが関係しているようです。
いわば現代病ともいえる原因が多いために、最近患者数が増加している傾向にあるようです。
もっとも胃酸分泌抑制薬による治療で、症状が緩和されて改善されるケースが多いのが一般的ですが、一度症状が治まったとしても、再発もしやすいために厄介な病気でもあります。
ちなみに予防法としては、やはり食生活やライフスタイルの改善といったことが大前提です。
まずは食べ過ぎないように注意して、脂物などの消化の悪いものは避けるようにしましょう。
また姿勢を正しくするように心がけ、適度な運動をして肥満しないようにすることも大切です。
あとはアルコールを控えめにして禁煙をするようにしましょう。
またストレスが原因になっていることもあるので、その場合はストレスを溜めこまないよう、注意してください。

スポンサーリンク