自律神経失調症 息苦しい 改善

自律神経失調症から来る息苦しい状態の改善について

スポンサーリンク

自律神経失調症から来る息苦しさの改善について、ご紹介いたします。
自律神経失調症の症状の中には、「呼吸困難」や「息苦しい」と訴える人は少なくありません。
その理由の一つは、筋肉の緊張にあります。
自律神経失調症を患うことによって、心身の不調が重なり、そのストレスを契機として、筋肉が緊張した結果、横隔膜が硬直してしまいます。
人間は肺で呼吸していますが、横隔膜が硬直することで、空気を十分に吸い込めない状態が出来上がります。
その結果として、息苦しい状態に陥ってしまうのです。
そのような状態の改善のためには、心身の不調の中でも、極力ストレスを解消しながら、緊張状態の筋肉を和らげてあげることが大切なのです。
心身の不調の原因を探り、一つずつ解決のために動くことも大切ですが、思いのほか効果的なのは、気にしすぎないということでもあります。
筋肉の緊張を和らげるということも、あまり強く執着せずに、リラックスして日々の生活にストレッチや気分転換を取り入れることが大切と言えるでしょう。

スポンサーリンク

自律神経失調症からくる息苦しい状態の改善のための、具体的な方法について、ストレスやリラックス状態をつくること、または、考えすぎないことなどを挙げましたが、さらに具体的な方法について、ご紹介いたします。
息苦しい状態が続いている場合、精神的な緊張状態の他に、身体のゆがみが原因となっている場合もありますので、整体やカイロプラクティクなどを積極的に利用するという方法があります。
特に、仕事などで、同じ姿勢が続くような、例えばデスクワークをしている方は、身体のゆがみが原因で、精神的ストレスから自律神経の異常へと繋がるという悪循環に陥っている人が少なくありませんので、注意が必要と言えるでしょう。
その場合は、5分や10分置きに、背筋を伸ばしたりしてみると良いでしょう。
また生活の中にウォーキングやサウナなどで、快適な汗をかいたり、仕事の外で没頭できる趣味を見つけるのも効果的と言えるので参考にしてみると良いでしょう。

スポンサーリンク