息苦しい感じがする不整脈は病気ではなく期外収縮であること

息苦しい感じがする不整脈は病気ではなく期外収縮であること

スポンサーリンク

健康な人でも心電図で心臓の動きを調べると、不整脈が見つかることがあります。
特に症状がなくても、人間なら誰でも不整脈になることは普通なのです。
不整脈になっていたとしてもほとんどの方は体に異常を感じないため、病院へ行くこともなく日常を過ごしているのです。
ただ、ある時何かのきっかけで不整脈に気がついてしまうことがあります。
症状としては息苦しい感じがしたり、動悸が起こったりします。
また、ウォーキングや家事で体を動かしている時に心臓を叩かれたような感じがしたり、脈が跳んだような気がします。
このような症状を経験すると心臓の病気ではないかと疑う方もいますが、多くの場合期外収縮という症状です。
期外収縮は簡単に言うと病気ではなく心臓のしゃっくりと言われており、健康な人でもまれに感じてしまいます。
この期外収縮が起こると、息苦しいことが多くなり階段を2、3階登ったくらいでも息切れが起こることもあります。
期外収縮が起こる原因は季節の変わり目や日常生活のストレスであることがほとんどです。
さらに30代を超えると急に期外収縮の症状が出ることもあります。

スポンサーリンク

期外収縮の対処法としては、まずあまり気にしないことです。
もし、あまりにも頻繁に息苦しいと感じたり不整脈が多くなっている場合は循環器科で受診することをおすすめします。
心電図や心臓のエコー検査を受けて心臓の病気でなければ期外収縮である可能性が高くなるので安心することができます。
不整脈は病気ではないので日々息苦しいと思うこともあるかもしれませんが、病院で病気ではないと診断をしてもらったらストレスを溜めないように心がけることが重要です。
期外収縮になり不整脈になると、特に病気ではないに息苦しいと感じるようになります。
やはり不整脈が起こると息が一瞬止まるような感じになるため、さらに息苦しいと思い他の病気を疑う人もいます。
けれど、期外収縮は誰でも起こりうる症状であるため、息苦しいと感じたら無理をしないようにして過ごすことが大事です。
息苦しい感じはしばらく落ち着いていると治ってくるのですぐに何かの病気だと思わないことが必要です。
期外収縮のことはできるだけ忘れるようにして、疲れやストレスを溜めないようにすることで改善されていくでしょう。

スポンサーリンク