呼吸が浅い 生あくび 息苦しい 原因

生あくびと呼吸が浅いときと息苦しい原因

スポンサーリンク

毎日の生活の中で呼吸が浅いと言うことや生あくび、このほかには息苦しいというような症状を感じることがあります。
息苦しいときに生あくびがでると言うことがありますが、このときにはいくつかの原因が考えられています。
息苦しいときに生あくびや呼吸が浅いというような症状がありますが、このようなときに考えられる原因としては次のような病気があります。
それは過換気症候群というものになります。
過換気症候群とはどのようなことが原因となっているのかというと、精神的なストレスが大きく関わっていると考えられています。
過換気症候群はどのような症状が現れるようになっているのかというと、呼吸が浅いと言うことや息苦しい、このほかには生あくびというような症状となっています。
したがってしっかりと原因を追及して治療を行うことが必要になります。
呼吸が浅いと言うことや生あくび、息苦しいというようなときには、過換気症候群が原因となっていますが、必要以上の呼吸が発生することで、血液の中の二酸化炭素が排出されずに息苦しいという状態となってしまいます。

スポンサーリンク

呼吸が浅いと言うことや生あくび、息苦しいときには精神的な原因が大きく関わっていると考えられています。
したがって神経質であったり几帳面な人、このほかには心配性の人が発症しやすいと考えられています。
この中で呼吸が浅いと言うことや生あくび、息苦しいというような症状に対して精神的に不安定な時期である10代から20代の女性に多く見られるようになっています。
基本的には息苦しいという症状が現れるようになっていますが、このほかには呼吸が浅いと言うことや生あくび、胸の圧迫感や手足や唇のしびれなどがあります。
したがってこのような症状が現れたときには、過換気症候群が原因となっていると考えるようにします。
症状が数十分続くこともありますが、時間の経過と共に症状が治まってきます。
呼吸が浅いというような症状が現れるだけで、とくに命に関わるというようなことはありません。
しかし窒息の原因となってしまう可能性があるので、発作が発生したときには気持ちを落ち着かせて呼吸を整えるようにします。
息をゆっくりと吐くことに集中します。

スポンサーリンク