妊娠 37週 みぞおち 息苦しい 原因

妊娠37週のみぞおちの違和感や息苦しい原因

スポンサーリンク

妊娠中は体にさまざまな変化が現れるようになっています。
そのなかで妊娠37wに鳴ると、みぞおちの違和感や息苦しいと感じることが多くなってきます。
みぞおちの違和感や息苦しいという症状がなぜ現れるのか原因が気になります。
妊娠中はさまざまな体調の不良や体の変化に悩まされるようになっています。
つわりが大きな症状と考えている人がいますが、つわりだけが苦しい症状ではありません。
妊娠37wになるとみぞおちの違和感や息苦しいという症状を感じるようになります。
みぞおちの違和感や息苦しいという症状に関しては、妊娠37wだけではなく妊娠初期から感じることが多くなっています。
生理前やセリ履中の胸の張りと同じように違和感があったりというようなこともあります。
その中で妊娠37wにみぞおちの違和感や息苦しいと感じることがあります。
このときに考えられる原因は次のようになっています。
妊娠37wというのは、お腹の中で胎児が大きくなることで、みぞおちの違和感や息苦しいと感じるようになっています。
これはお腹の中で胎児がしっかりと成長している証拠となります。

スポンサーリンク

37wになると大事が大きく成長してきます。
それが原因となって子宮も同じように大きくなってきます。
37wは子宮が大きくなると言うのが原因となって、横隔膜が圧迫されるようになっています。
その結果みぞおちに違和感があったり息苦しいと感じるようになっているのです。
また37wは母親だけではなく胎児の血液の流れが多くなります。
これが原因となって動悸がしたり息苦しいと感じることもあります。
みぞおちの違和感を感じることもあります。
この時期は仰向けで寝ると息苦しいと感じることがありますが、これも大きなお腹によって圧迫されているというのが原因となります。
したがって寝るときには横向きになる人が多くなっています。
息苦しいと感じたときには、左下に体を倒すと軽減されます。
またストレスが原因となって不快感を感じることもあるので、ストレスをためないようにすることも大切です。
原因を取りのぞくために深呼吸をするというのも効果的です。
起きているときはできるだけ姿勢を正しくしてお腹を圧迫しないようにします。
これで少し楽になります。

スポンサーリンク