みぞおちの圧迫感と息苦しい原因とバリウム

みぞおちの圧迫感と息苦しい原因とバリウム

スポンサーリンク

みぞおちと呼ばれる部分がありますが、みぞおちは人間の体のお腹の上の部分となります。
肋骨の周辺と言うことになりますが、みぞおちに圧迫感があって息苦しいと感じることがあります。
みぞおちに圧迫感があって息苦しいと言うときには、さまざまな原因が考えられています。
症状があまりにも続くという場合には、病院を受診して検査を受けるという方法があります。
病院を受診する際に、胃に何らかの異常が発生していると考えられる場合には、バリウムを飲んで検査を行うという方法があります。
バリウムを飲んで胃の状態を確認するという方法です。
バリウムは決して飲みやすいものではないので、実際に検査を行う前にバリウムを飲むだけで気分が悪くなるという人も少なくありません。
しかしバリウムを飲むことでみぞおちの圧迫感や息苦しい原因を特定することがでいます。
またみぞおち緒の圧迫感や息苦しいという症状が、胃が関係していないと言うこともあります。
その場合バリウム検査を行っても原因を特定することができません。
この場合はバリウム検査ではなくほかの検査が行われるようになっています。
みぞおちの圧迫感や息苦しいという症状が、肋間神経痛の可能性もあります。

スポンサーリンク

肋間神経痛という症状がありますが、これでみぞおちの圧迫感があったり息苦しいというような症状が現れることがあります。
これは胸椎に何らかの異常が発生して圧迫感があると考えられています。
したがって息苦しいと感じることがあるのです。
肋間神経痛と圧迫感や息苦しいという症状はあまり関係ないと考えている人もいますが、人間は身体の中で発生している痛みや苦痛に対して無意識に抑制しようと働く反応があります。
したがって肋間神経痛と息苦しいという症状も同じように考えることができます。
呼吸が浅くなると言うのが原因となって肋骨の痛みが少なくなるので痛みが少なくなります。
しかしこれが息苦しいという原因につながってしまうのです。
このような症状が現れたときには、身体の中で何らかの原因が関係していることが考えられているので、原因を特定するために検査を行う必要があります。
バリウムを飲んで胃腸の検査をするという方法もありますが、原因を特定することができれば、適切な治療法を行うことができます。
また自己判断をせずに病院を受診することが大切です。

スポンサーリンク