夜 息苦しい 病気

夜になると息苦しいと感じてしまう病気についての説明

スポンサーリンク

朝や昼間は何と体調変化が無い場合においても、逆に夜になると息苦しいと感じてしまう病気というものがあります。
1つめに自律神経失調症というものが関係していることが多く、原因としてストレスが増加していることが関係しています。
人は一定以上のストレスが増加することによって、体全体の筋肉が緊張したり収縮してしまうことがあります。
それが時と場合によって息苦しくなってしまうことにつながるため、急に体調不良になってしまうことがあります。
一般的に人は夜になると不安にかられやすくなっているため、それによって息苦しいと感じるようになってしまいます。
治療法としては普段の姿勢を正しくすることであり、この病気を発症している場合には猫背になっていることが多いです。
こういった姿勢を正しくするだけでも効果があるため、背筋を伸ばすように心掛けることが重要です。
胸を開くように意識をすることで、筋肉の緊張が緩みやすくなるので呼吸もしやすくなっていきます。

スポンサーリンク

 一般的に夜寝苦しいと感じる病気については自律神経失調症が多いですが、実はそれ以外の要素が関係していることがあります。
2つめの原因としてうつ病という心の病気が関係していることがあり、主に不安な状態になりやすいことが関係しています。
うつ病に発症すると気持ちが不安にかられやすくなるため、自律神経失調症と同様にストレス耐性が低下していきます。
それによってマイナスイメージが強くなってしまうので、症状が悪化すると夜になって息苦しいと感じるようになることがあります。
こうなると睡眠不足という症状も誘発してしまうため、自律神経失調症以上に注意が必要となっています。
治療法としては心療内科や精神科を通院することであり、そこで適切なカウンセリングを受けることで完治していきます。
またこの病気は医師だけでなく親族や友人などの手助けも必要なので、全員が協力して治療を行っていきます。
こうすることで患者のうつ状態が少しずつ改善されていくため、それいよって症状も緩和されていく流れになっています。

スポンサーリンク