心臓 欠伸 息苦しい 原因

心臓と欠伸と息苦しい原因について

スポンサーリンク

人間は眠たくなったときにはたくさんの欠伸が出るようになっています。
しかし欠伸がでるというのは、眠たくなったときだけではありません。
毎日の生活の中で、なんだか息苦しいと感じたときにも、欠伸が出ることがあるのです。
このように息苦しいと感じたときに考えられる病気はいくつかあります。
このときに考えられている病気としては、過換気症候群となります。
あまり聞き慣れない言葉となっていますが、過換気症候群には次のような特徴があります。
それは精神的ストレスなどが原因となっているということです。
必要以上の呼吸が発生する環境になると、これが原因となって血液の中の二酸化炭素が排出されすぎた状態となってしまいます。
したがって息苦しいと感じるようになってしまいます。
精神的なことが関係していると言うことで、発症しやすい人の特徴は次のようになっています。
それは神経質で几帳面な人や、心配性の人となっています。
このような人は注意が必要となっています。
とくに10代から20代の女性の発症が多くなっていますが、それは精神的に不安定な時期と重なっているからです。

スポンサーリンク

このようなときに現れる症状としては次のようになっています。
基本的には息苦しいという症状が一番となっていますが、心臓の圧迫感や手足や唇のしびれを感じると言うこともあります。
欠伸が出るというようなこともあります。
このような症状が数分続くと言うようになっていますが、時間の経過と共に症状は治まってきます。
したがって命の危険があるというようなことはありません。
過換気症候群に関しては、心臓に血液を送るという機能に乱れが発生しているのが原因となっているので、それをしっかり整える必要があります。
そこで行われている対処法としては、息をゆっくりと吐くことを重要視する呼吸法となっています。
これで心臓の負担を少しでも軽減させることができます。
息を吸った後に2秒程度息を止めます。
そして10秒ほど時間をかけて息を吐くと言うことが行われています。
これを数回繰り返すようにします。
この方法で呼吸を落ち着かせることができます。
気持ちが落ち着くので、過換気症候群の発作も自然と落ち着いてくるようになっています。
発作が発生したときには本人は非常に驚いてしまうので、周りの人が慌てずに対処をするようにします。

スポンサーリンク