みぞおち 硬い 息苦しい 原因

みぞおちが硬いのと息苦しい原因について

スポンサーリンク

みぞおちと呼ばれる部分が、人間の体には存在します。
毎日の生活の中で、みぞおちが硬くて息苦しいと感じることがあります。
この部分が下硬いと言うことや、息苦しいと言うことが、何か大きな病気と関係しているのではないかと非常に心配になっている人も少なくありません。
このような場合には自己判断をせずに、医療機関を受診すると安心です。
みぞおちとは、体のどの部分のことを言うのかというと、肋骨の下の部分から臍にかけてになります。
胃がある部分と考えるとわかりやすいです。
この周辺が硬いと感じたり、圧迫感や違和感があったり息苦しいという症状を感じるときには、原因としていくつかのことが考えられるようになっています。
このときには痛みや息苦しいと感じる部分によって判断することができるようになっています。
胃腸や消化器官系の場合には、硬いと言うことや痛みが上腹部に集中するようになっています。
このときに考えられる原因としては、肝臓や胆嚢に何らかの異常が発生していると言うことになります。
肝臓はよほどのことがなければ痛みを感じることはありません。

スポンサーリンク

したがってまずは肝臓以外の臓器が原因となっていると考えるようにします。
ここで考えられる病気としては、胆石や胆道系の感染症や腫瘍になります。
みぞおちから左の上腹部にかけて症状が現れるという場合には、胃や食道や膵臓の病気を考えることができます。
このような症状が続く場合には、何か原因が隠されているので、自己判断をせずに医療機関を受診するようにします。
内科や消化器科を受診するようにします。
みぞおちの違和感に関しては、発生する原因によって症状が異なっていると言うことをしっかりと把握しておきます。
いつから始まって度のようなときに強くなったり弱くなったりするのかと言うことをメモしておくと、医師に伝えやすくなっています。
また消化器官が関係していないと言うこともあります。
このときに考えられるのは心臓になります。
息苦しいという症状は心臓疾患によっても発症するようになっています。
心臓疾患の代表的なものとしては、虚血性心疾患と狭心症、この他には心筋梗塞がそこに含まれています。
中年以上に発症することが多いので、注意が必要です。

スポンサーリンク