みぞおち 動悸 脈が乱れる 原因

みぞおちや動悸、脈が乱れるのは心臓病が原因のこともあります

スポンサーリンク

心臓病の中でも、近年増え続けているものに、虚血性心疾患があります。
心臓に酸素や栄養を送っている冠動脈が血管障害を起こし、心臓の働きに異常が生じるもので、その代表が狭心症と心筋梗塞です。
この両者は、いずれも血管が硬くなることで、血流が滞って、動脈硬化を起こすことにより発症します。
狭心症は心臓が酸欠になっている状態ですが、心筋梗塞はそれより重く、一部組織が壊死してしまいます。
胸痛、息苦しさ、それから動悸や不整脈などの症状があり、特に胸痛はみぞおちのあたりや胸骨の下、まれにあごの辺りが痛むこともあります。
また不整脈、つまり脈が乱れる場合は心室細動といって、心停止状態につながることがありますので、激しく脈が乱れるような場合は、すぐに救急車を呼ぶようにしましょう。
その他にも血圧の低下や、それに伴う顔面蒼白が症状として現れることもあります。
特に心筋梗塞の場合は、狭心症よりも病気としては重いので、症状の出方も違って来ます。
胸やみぞおちの痛みや動悸、脈が乱れるといった症状も、心筋梗塞の方がはるかに強くなります。
ただし、たまに無症候性心筋梗塞というのもあり、自覚症状が無く、検査で心筋梗塞がわかる例もあります。

スポンサーリンク

狭心症や心筋梗塞を引き起こす動脈硬化は、主に喫煙やストレス、肥満、食事などが原因となります。
食事では特に、インスタント食品やファーストフード、塩分や脂肪分の多い食事は、動脈硬化の原因となりやすいので要注意です。
見方を変えれば、食生活の改善やストレスをためないようにする、あるいは禁煙をするなどの方法で、これらの病気を予防することも可能です。
検査は心電図や超音波、冠動脈の造影剤などが中心となり、治療方法は、主に手術や薬が用いられます。
手術はカテーテルを用いて血管を広げる方法と、冠動脈にバイパスを作って、血液の通り道を作る方法の2種類があります。
薬の場合は、血栓溶解薬を注射します。
ただしこの薬は出血しやすくなりますので、歯科医にかかる時などには気をつけましょう。
また、みぞおちが痛いとか動悸がする、脈が乱れるような場合であっても、必ずしも虚血性心疾患の原因とはいえないこともあります。
たとえば盲腸炎や十二指腸潰瘍であってもみぞおちが痛みますし、動悸や不整脈は低血圧や貧血、自律神経失調症のこともあります。
いずれにしても、どこかおかしいという場合は、すぐに病院に行くようにしましょう。

スポンサーリンク