花粉症 息苦しい 対処法

花粉症で息苦しい原因と対処法

スポンサーリンク

花粉症で息苦しいと感じる時、しっかり対処法を知っておけば、花粉症とも楽に付き合えるようになります。
ではそもそも花粉症でなぜ息苦しい症状が出るのか、花粉症で息苦しいと感じる原因として鼻周りの症状の悪化が考えられます。
花粉症で多くの人が苦しめられる症状に鼻づまりがあります。
鼻腔の中に鼻水が溜まることで呼吸がしにくくなり息苦しいと感じるようになります。
そしてその症状が悪化しやすいのが寝ている時です。
寝ている時は通常より呼吸量が少なくなり鼻づまりが酷くなりやすいです。
そして一層、息苦しいという状態になります。
鼻づまりがあると鼻呼吸が出来ないので口呼吸をするしかなくなり、口呼吸を続けた結果喉の粘膜が乾燥し、喉も痛めることにもつながります。
また喉に花粉が付着し、アレルギー反応を起こしたり、喉を痛めて咳がひどくなることによって息苦しいと感じることがあります。
咳がひどくなると呼吸困難を起こすほど息苦しい思いをすることがあります。
このような花粉症による鼻づまりやアレルギー反応、咳による息苦しさを改善する対処法にはどのようなものがあるのか、対処法として3つのことがあげられます。

スポンサーリンク

花粉症による症状の対処法の1つ目に鼻うがいがあります。
鼻づまりの人には最も効果的な方法です。
鼻うがいをする時には鼻うがい用の食塩水を利用します。
鼻うがいには専用の容器があるのでそれを利用すると良いです。
専用の容器に鼻うがい用の食塩水を入れ、容器を鼻の穴に入れ食塩水を流し入れます。
その時、力を抜いてリラックスし、声を出しながら入れるとスムーズです。
入れた食塩水は口から出します。
口から出しにくい場合は反対の鼻から出すようにします。
対処法の2つ目にはちみつや生姜の摂取があげられます。
はちみつや生姜には殺菌作用があるので、殺菌作用のあるはちみつや生姜で菌を殺すようにします。
はちみつや生姜を摂取する時は、紅茶に入れて飲むとさらに効果的です。
紅茶はうがいにも利用できるのでまめに摂取することができます。
殺菌作用のあるはちみつや生姜を紅茶に入れて飲むことで咳や喉の炎症を抑えることができます。
3つ目の対処法として、病院で注射を打ってもらうことがあげられます。
ステロイドやヒスタミンの注射は花粉症の症状を抑えることができます。
また、アレルゲンの注射で完治を目指すこともできます。

ステロイドやヒスタミン注射は保険が効かず金銭的な問題があります。
またステロイドやヒスタミンなどのステロイド注射は、効果はてき面で期待できますが、その反面副作用も出ることがあるので注意です。
自分に合った対処法を試してみましょう。

スポンサーリンク