強皮症 息苦しい 原因

強皮症と息苦しい原因について

スポンサーリンク

強皮症という病気があります。
あまり聞き慣れない名前となっていますが、強皮症とは次のような特徴があります。
強皮症とは、膠原病の中でも皮膚が硬くなる変化を現すようになっています。
また強皮症は皮膚に症状が現れるだけではありません。
内臓にも変化を現すようになっています。
したがって時に息苦しいというような症状を感じることもあります。
内臓に変化を伴って、息苦しいというような症状を引き起こすものが、全身性と呼ばれるものとなっています。
これに対して、体の一部の皮膚が境界がはっきりと硬くなり、内臓に変化を伴わないというのが限局性となっています。
このように大きく2つに分けることができるようになっています。
この病気は、全身性というものを意味することが多くなっています。
また難病に指定されているという特徴があります。
皮膚だけではなく、肺や食道や腎臓や心臓などにもコラーゲンが蓄積して硬くなると言うような症状が現れます。
したがって息苦しいと感じるようになります。
血管の異常や免疫の異常を同時に伴うという特徴があります。

スポンサーリンク

内臓にコラーゲンが蓄積することが原因となって症状が現れるようになっていますが、まずは何が原因となっているのかをしっかりと把握することが必要になります。
体にどのような症状が現れるようになっているのかというと、皮膚の硬化が主なものとなっています。
手の指から始まるようになっていますが、その中で顔や腕や胸部に広がっていきます。
最初は手が腫れていると言うことに気がつきますが、その後でぱんぱんに腫れるようになっています。
次に指のしわが増えて光を帯びるようになります。
最終的に皮膚が突っ張って硬くなり、指を曲げることが難しいと感じるようになります。
皮膚が黒くなって色素沈着を引き起こすと言うこともあります。
症状が進行すると効果は和らいでくるようになっていますが、皮膚が薄くなって傷がつきやすくなってくるので注意が必要です。
また内臓では、肺線維症というものを引き起こします。
肺胞というガス交換を行う隙間に間質がありますが、ここに繊維化が発生するというのが原因となって、呼吸困難を引き起こすこともあります。
消化器障害では便秘や下痢というような排便障害を引き起こすようになっています。

スポンサーリンク