更年期 息苦しい 対処法

更年期の動悸やめまい、息苦しい、発汗などの対処法

スポンサーリンク

男女ともに40代中半を過ぎる頃に身体に様々な変化があらわれてきます。
これは更年期と言われる時期になり、男性は男性ホルモンのテストステロン、女性は女性ホルモンのエストロゲンが身体から急激に減少してしまうことが大きな原因となっています。
それでは更年期について詳しく見ていきます。
先ほど述べたように更年期はホルモンが減少してしまう時期のことを指しますが、この更年期の時期に身体に変化が多く見られるようになります。
具体的には動悸やめまい、息苦しい、発汗、頭痛、腰痛、肩こり、関節や筋肉の痛み、便秘、下痢、身体の痒み、脱毛、不眠、無気力、倦怠感、欝、精力減退など心身に様々な不調があらわれます。
特に動悸やめまい、息苦しい、発汗などの症状は女性にあらわれやすく、無気力、倦怠感、欝などの症状は男性にあらわれやすい傾向にあります。
これらの症状は個人差があり、全く症状を感じることがない人から日常生活に支障をきたしてしまう人まで様々です。
症状がない場合や軽い場合は特に対策は必要ありませんが、日常生活に支障をきたしてしまっている場合は早急に対策を取る必要があります。

スポンサーリンク

それでは更年期の対処法について説明します。
まず症状にもよりますが対処法を行う前に内科を受診しておく必要があります。
特に動悸や息苦しい、発汗などの症状が強く出ている場合はバセドウ病の疑いもありますので調べておきます。
病気の疑いがないと診断された場合は更年期の対処を行います。
対処法としては、減少していくホルモンを補うために男性はテストステロンを増やす効果のあるマカや亜鉛、アルギニンなどを積極的に摂取し、女性はエストロゲンを増やす効果のある大豆イソフラボンやザクロを摂取します。
これらは食品からの摂取も可能ですが、効率的に摂取するためにはサプリメントの摂取がオススメです。
そしてサプリメントの摂取は更年期の対策のために30代後半から摂取することもオススメです。
サプリメントの摂取でも効果がない場合や重度の症状の場合は、専門のクリニックでの治療になります。
クリニックでの治療は内服薬や注射、外用薬などでホルモンを補う治療になりますが、症状によって消化器科や循環器科、心療内科などと並行して治療を行うこともあります。

スポンサーリンク