入浴後 息苦しい 原因

入浴後の息苦しい原因は、心疾患が疑われます

スポンサーリンク

一日の生活リズムの中には、食事などと同じ様に、入浴をする機会があります。
心身ともに、リラックスできる場面でもありますが、からだに変調をきたした場合には、注意を要します。
入浴後に、息苦しいという症状に見舞われる場合には、心臓の疾患などが疑われます。
虚血性の心疾患ですが、原因は、血液の流れが滞り、心臓が通常の働きをできない状態になるからです。
原因として発生している病気は、狭心症や心筋梗塞になります。
狭心症や心筋梗塞の場合には、例えば心臓の心筋に作用する冠動脈の血管が細くなっていたり、血液の通りが悪くなります。
心臓は、からだ全体に血液を行き渡らせる役割を果たしていますが、病気によって、かなりの負荷が掛かる場合が多くなります。
病気によって、心臓の働きが弱っているところにきて、入浴すると、更に負荷が掛かってしまいます。
そのために、入浴後に息苦しいなどの症状を感じる事になります。
入浴は、温度差が変化する環境となります。
からだへの影響をできるだけ少なくする必要がありますので、熱めよりは、ぬるめのお湯が理想的です。

スポンサーリンク

入浴後に息苦しいと感じる原因は、他にも、高血圧症状などが推察されます。
高血圧は、からだの様々な部分への影響を引き起こします。
できるだけ正常な状態に保つ事により、急激なからだの変化、症状を抑制する事に繋がります。
入浴すると、からだの各部位が温まるため、血圧の上昇に加えて、心臓の働きなども加速する事があります。
息苦しいなどの症状を感じる場合には、できるだけからだの変化を少なくする事も必要になります。
高血圧の場合には、からだの各所への影響が大きいため、血圧の上昇を抑えるお薬で、コントロールが可能になります。
病院を受診して、継続的にお薬を服用しながら、血圧をコントロールする日常が大切になります。
自分で確認できる内容としては、食事などの場面では、塩分を控える必要があります。
減塩の調味料を利用したり、工夫できるポイントが複数存在します。
適度な運動も、からだを健康に保つ事に繋がりますが、急激な負荷を掛ける事はマイナスとなります。
入浴後に息苦しい症状を感じる場合には、設定温度を低めにしたり、家族と協力しながら対処する事も必要になります。

スポンサーリンク