呼吸が浅い 手足のしびれ 息苦しい 原因

呼吸が浅いという症状と手足のしびれや息苦しいという原因

スポンサーリンク

人間は呼吸をすることで生命を維持しています。
これによって体の中にたくさんの酸素を取り入れることができ、体の中にしっかりと血液を行き渡らせることができるようになっています。
しかしこの呼吸が乱れて息苦しいと感じることがあります。
息苦しいと感じたり、呼吸が浅いというような症状が現れることもあります。
これらにはいくつかの原因が考えられています。
過呼吸という言葉を耳にすることがありますが、これはストレスが原因となって発生するようになっています。
ストレスが原因となって自律神経が乱れた状態となっています。
過呼吸では呼吸が浅いという状態になったり、息苦しいと感じることがあります。
このような症状に関しても、自律神経失調症の一つとして考えられています。
過呼吸とはどのような特徴があるのかというと、過換気症候群や神経性呼吸困難と呼ばれることが多くなっています。
これはどのようなことが原因となって発症するのかというと、やはりストレスということになります。
現在はストレス社会となっているので、これらの病気を発症することが非常に多くなっているという現状があります。

スポンサーリンク

ストレスが原因となって、呼吸を上手に行うことができなくなっている状態となります。
呼吸が浅くなったり、呼吸をたくさんすることで、さらに息苦しいという症状を悪化させてしまいます。
このような症状が発生すると、まず呼吸困難になりますが、それ以外にも湿疹をしたり頭痛やめまいというような症状が発生することもあります。
手足のしびれを感じることもあります。
手足のしびれや呼吸が浅いというような症状に関しては、次のような人に多く見られるようになっています。
それはまじめで神経質な人となっています。
空気をたくさん吸っているにもかかわらず、しっかりとした酸素が入ってこなかったり、呼吸をすることができないというような発作を引き起こしてしまうのです。
これは血液中の二酸化炭素が不足していると言うことが考えられています。
二酸化炭素は体に必要ないと考えている人がいますが、決してそのようなことはありません。
過呼吸になると頭痛やめまいや手足のしびれが発生するので、それが不安や恐怖を招いてしまうこともあります。
これでは悪循環となってしまいます。
30分から1時間という長い間発作が続くという人もいるので、注意が必要となります。

スポンサーリンク