上腹部 圧迫感 息苦しい 原因

上腹部の圧迫感や息苦しい場合の原因は、食べ過ぎもあります

スポンサーリンク

通常の生活では、健康なからだであれば、呼吸なども自然にできています。
息苦しいなどの違和感を感じる場合には、からだに異常が発生しているサインになっている事もあります。
上腹部に圧迫感があって息苦しい場合、原因として、体重の増加も推察できます。
自分の体重の増加については、日頃余り意識していない人もいれば、多目に見過すなどの場合もあります。
唯、体重が大幅に増えてくると、お腹回りの脂肪が増えてきます。
人によって、脂肪の付き方には違いもありますが、内臓脂肪が増える人も見られます。
内臓脂肪の場合には、肝臓の周辺など、からだの中にある状態なので、自分では中々気付く事ができません。
健康診断などで、医師から説明を受けて気付く人もいます。
この場合の上腹部の圧迫感の原因は、体重の増加によるものですので、食事や運動が対処法の要素になります。
油っこい食事が多い、暴飲暴食の機会も多いという人は、食事制限をする事も必要です。
量を減らす、内容は栄養のバランスをよく考えるなどで対処できます。
同時に、適度な運動を継続して取り入れる事により、症状の改善を望む事が可能となります。

スポンサーリンク

上腹部に圧迫感があって息苦しいという場合、原因は食べ過ぎなどの場合もあります。
一般の人に限らず、お年寄りなどの場合でも、自分のからだの状態を意識せず、過食気味の食事をしてしまう事があります。
所謂一回の許容量を越えた食事をしてしまうと、上腹部に圧迫感を覚えて、息苦しい症状になります。
一気食いという言葉などがありますが、できるだけ一回の食事量は均一に保つ事が改善ポイントになります。
お年寄りの場合には、自分で意識できない事などもありますので、周囲の人が注意してあげる事も大切です。
また、上腹部に圧迫感や息苦しい症状がある場合には、内臓に関する病気も疑われる内容です。
上腹部といっても、内臓は左右で違う臓器が存在していますので、更に詳細な箇所によっても病気の種類が違ってきます。
左側であれば、原因として胃炎なども推察できます。
右側であれば、肝臓や胆のうが位置していますので、類する病気の可能性が出てきます。
肝臓の場合には、沈黙の臓器といわれる事が多く、症状を感じる時には、かなり病気が進行している可能性もあります。
いずれの場合にも、できるだけ早い内に病院を受診して、検査を実施したり、治療を受ける事が最適な対処法となります。

スポンサーリンク