肩打撲 胸痛 息苦しい

肩打撲で胸痛と息苦しいという症状

スポンサーリンク

肩打撲をすることがあります。
これはスポーツなどをしているときに多く見られる症状となっていますが、同時に他の症状も体に現れていないかをしっかりと確認する必要があります。
肩打撲だけの場合には安静を保って消炎鎮痛薬を内服して治療が行われるようになっています。
しかし肩打撲によって他の部分を損傷している可能性があります。
胸郭を骨折したり胸腔内の臓器損傷の疑いがある場合には、胸痛を訴えることがあります。
胸痛の他に息苦しいと感じることもあります。
肩打撲に関しては、軽症のものから重症で命に関わるものまで幅広くなっています。
見た目ではしっかりと判断することができないのが難しいところとなっています。
したがって専門的な知識がない人が、適切に判断することが難しいというのが現状です。
したがって病院を受診するというのが一番の方法となっています。

スポンサーリンク

打撲の症状がある場合に、胸痛や息苦しいというような呼吸困難を訴えた場合には、救急車を養成して医療機関を受診することが必要になります。
程度が軽い場合には、打撲の部分の痛みや腫れや皮下出血が見られるようになっています。
しかし程度が激しいという場合には、呼吸運動にあわせて痛みを感じるようになっています。
そして息苦しいというような呼吸困難を訴えることもあります。
大きな力が加わった場合には、胸郭の損傷だけではなく胸腔の損傷の可能性があります。
呼吸困難やチアノーゼと一緒にショック症状などを引き起こすことがあります。
したがって生命の危険が高くなります。
打撲だけの場合には安静を保つようにします。
病院では胸部の視診や聴診や触診や打診が行われるようになっています。
このほかに血液や尿検査や心電図検査が行われるようになっています。

スポンサーリンク