みぞおち 違和感 圧迫感 息苦しい

みぞおちに違和感・圧迫感・息苦しい感じが続く場合は

スポンサーリンク

みぞおちとは、人の腹部の上の部位です。
肋骨の下あたりから臍の上あたりの部位をさし、胃のある位置に相当します。
この周辺に違和感や圧迫感があり息苦しいという場合、原因はいろいろと考えられます。
まず胃腸や消化器関係の場合、痛みが上腹部(右側の肋骨の下あたり)なら、肝臓や胆のうの位置ですから、これらに関係していると考えます。
肝臓は沈黙の臓器といわれるほどで、通常、痛みや違和感などの症状はあまり出ません。
そのため、まず胆石、胆道系の感染症、腫瘍を疑います。
みぞおちから左上腹部なら、胃か食道下部、胃の裏にある膵臓の疾患が考えられます。
逆流性食道炎、膵炎、胃潰瘍、胃がん、膵がんなどです。
このような症状が続く場合は、まず内科、消化器科を受診します。
この部分の違和感は、起こる原因によって症状が少しずつ違ってきます。
正しい診断を得るためには、症状を的確に伝えることが大事です。
その症状がいつごろから起こり、何ををしたしたときにひどくなるか、軽減するかなどを伝えます。
そのために、症状を詳しくメモしておけばいいでしょう。

スポンサーリンク

また、消化器官と異なる部位の疾患である可能性もあります。
みぞおちの違和感、圧迫感、息苦しい感じは、心臓疾患によっても起こるからです。
心臓疾患の中の虚血性心疾患、狭心症あるいは心筋梗塞がそれにあたります。
通常は中高年以上に起こる病気と思われがちですが、近年では若年層にも珍しくない病気になってきています。
身近な疾患として頭においていていいでしょう。
狭心症の場合、みぞおち付近から胸全体、あるいは腕にかけ広がるような痛みを覚えます。
ぎゅっとその部分が締め付けられるような、息苦しい、重い、などと人によって痛みの表現は異なります。
痛みと違和感と圧迫感も人によって異なり具体的に言葉にしにくいというのが実情でしょう。
我慢できない痛みというよりも、しばらくじっとしていればおさまる、耐えられるというもので、実際に、数分でこの症状はおさまります。
一方、心筋梗塞の場合は、この痛みが激烈で、締め付けられるような状態が30分以上続き、死ぬかもしれないという恐怖感に襲われます。
心筋が壊死を起こしているための症状ですから、すぐに救急車を呼び専門の医療機関に運ぶ必要があります。
一方、消化器系や循環器系の臓器の検査をおこなっても異常が見られず、それでもみぞおちのそうした症状が続くようであれば、心理的な原因も考えられます。
神経内科などを受診されるといいでしょう。

スポンサーリンク